福岡市中央区にあります福岡城東橋協会にて、フィリピンで助産師としてクリニック「貧しい母子のための診療所」を開設されている冨田江里子さんのお話会に参加させていただきました。

冨田さんの活動を知って、以前 書かせてもらったのが、
「飲み残しのお薬・余っているお薬 寄付という方法」

いつか実際にお会いして、お話しをお聞きしてみたかったので、福岡開催 本当にありがたいです。

助産師 冨田江里子さんのお話会

今回の講演は「神様から預かった大切な命 世界のどこでも暮らせる 強い精神と体を育てるヒント」
心に残る冨田さんの言葉・今の日本で子育てする私たち親にとっても、為になる情報がたくさんでした。

今の日本と比べたら、とても過酷な暮らしをしているフィリピンの方の現在、昔の暮らしを面白くポジティブに、淡々と語る冨田さん。

ゴミ山での暮らし、オープンハウスでの手術も、「お涙頂戴は嫌やねん。そっちの方が寄付も集まるけど、可愛そうとかにはしたくない。」そうおっしゃってたのが、印象的でした。

言葉にすると普通っぽくなっちゃうけれど、「人間だな。人だな。温かいな。」ってビシビシ感じるんです。
冨田さんの温かい心からの行動と言葉に感銘を受けました。

「ヘルシー・ソサエティ賞」という賞を受賞されているすごい方なのですが、目の前の方の話しに耳を傾け、大阪弁で話すめちゃめちゃ気さくな冨田さん^^

講演会のあとに、個人的な相談をさせてもらえたことも幸せでした。

こういった素晴らしい出逢いに恵まれ、自分自身の気持ちが楽になり落ち着くこと・幸せであることによって、結果的に家庭にもいい影響がでています。

日本の子育ては大変!?

冨田さん曰く、「日本の子育ては大変!」
私もそう感じています。

安全、食べ物が豊富にある、いざという時の医療体制など環境には恵まれていても、子どもを1人で育てる不安感・孤独を感じる方も少なくありません。

私は長男は里帰り出産で産んだので、受診していた産婦人科・出産した産婦人科が違いました。
当時、その病院では、出産をしない人は病院のヨガ教室や母親学級に参加できませんでした。
出産後も、福岡に戻ってからは、不安なことがあっても相談できる産婦人科はありませんでした。

近くに親族、友達もいなくって、我が子を「社会の中に生まれた子ども」という感覚にはなれず、母として何の知識も経験もないのに「私がしっかり育てなければ…」抱え込んでしまいました。

 

「子どもは社会で育てる」
親が子をみないということではなく、いつも安心して子育てできる社会。

お金での支援、環境を整えること、国や市も子育て世代に優しくなってきていますが、私が1番欲しかったのは、いつでも行ける場所、否定されない場所、泣いてもいい場所、温かい目、温かい言葉でした。

今でこそ、「子育ては1人ですることじゃない。いろんな方に関わって頂き、一緒に育ててもらおう!」と思っていますが、それでもやっぱり場合によっては「迷惑掛けるのは申し訳ない。」という気持ちがどこかにあります。

逆だったら、「助けが必要なら言ってほしいな。」と思っているのに…

我が家の場合は、転勤で定期的に引っ越しもしているので、関係を築くのには時間はかかります。
もし地元や同じ場所で長く子育てできたなら、感覚も違うのでしょうね!

 

冨田先生は「いろんな人が社会にいる。分けちゃだめ!」ともおっしゃっていました。
正確にメモできていないのですが、私の解釈では「分けると、こちらはキレイ。あちらは汚い。こちらは見方。あちらは敵。という見方がでてくる。」です。

分けて、比べた先に幸せがあるのだろうか?

これは、先日のポジティブ心理学の学びにもありましたが、答えはNOです。

◎他人との比較優位によって価値や喜びが得られる「地位財」
◎他人と関係なくそれ自体に価値や喜びを得られるもの「非地位財」

長続きする幸せは、「非地位財」です。
詳しくは、松浦亜里さんの「世界に通用する子どもの育て方」にも書かれています。

 

子どもだけではなく、高齢者、障害者、社会にはいろんな人がいます。
それが自然なことで、小さな枠で囲まず、みんなで生きていく!暮らしていく!
形だけでなく、中身がぎっしり詰まった心温かい国になるといいな~^^

「愛ある言葉で家庭から世界を変える」

これは、冨田さんの言葉です。
だいだいだいだい大共感です!

「こんな国になるといいな~^^」とは言っても、私が日々できることは、やっぱり自分の心を温かく持ち、温かい心を持った子ども達を信じること、明るく楽しい家庭を築くこと。

「大丈夫」

「ありがとう」

「愛しているよ」

愛のある言葉、タッチなどのスキンシップ、孤食にさせず楽しくご飯を食べること。
どれも、お金を掛けなくてもできることばかりです!

広い世界への興味を持ちつつ、目の前の人に愛情を持って接することが大事ですね。

他にも、菌の話や食べ物の話、思い込みの話…1時間半という短い時間でしたが、他にもいっぱい知恵を伝授してくださいました。

冨田先生は、毎年1ヶ月程度 日本に滞在し講演をされているので、ご興味ある方はぜひ足を運んでくださいね♪

 

 

【家事・育児を楽にするお片付けアドバイザー】ライフオーガナイザーⓇ 甲斐祐子
お片づけ 甲斐祐子元お片付け苦手育児ノイローゼだった男児二人の母。
福岡県・佐賀県を中心に、個人宅のお片付け作業・お片付け講座開催。
ズボラで片付けが苦手だった私でもできる収納をご提案し、お客様宅のお片付けも、気楽に楽しく暮らせることを大切にします。詳しいプロフィールはこちら
お片付けサポート実績
お問い合わせ