結構前に書きましたが、相変わらず読んでくださる方が多いこの記事。

私自身もそうでしたが、「子育て」が始まって、自分の気持ちが追いつかなかったり、初めてのことばかりでどう対応して良いのかわからず、悩むママさんは多いと感じます。

私の子育てのバイブル

私は最初の子育てが始まり12年、2人目の子育てが始まりもうすぐ7年たちます。
最近は大きなトラブルもなく、深く悩むことはありませんが、久しぶりに佐々木正美さんの本を読むと、考えさせられること、心に響くことがたくさんあり、改善したいなと思います。

はじまりは愛着から
子育ての正解なんてわかりませんが、あるとしたら、私にとっては佐々木正美先生の考えがしっくりきます。
子育てをする中で、母である私を育てるといった感じです。

人間の成長は時間がかかる

少し話しは変わりますが、最近、有冬典子さんの「自分らしいリーダーシップを身につけるセミナー」を受講し、成人発達理論の自己成長のプロセスについてお聞きしました。
タイトルに「リーダーシップ」とありますが、組織の中のリーダーのお話しだけではなく、個々の成長についてお話ししてくださいました。
2時間のセミナーの中で特に印象的だったのは、「スキルと意識どちらも大事」ということと、「成長するときに葛藤はつきもの」・「ココロの成長には何年もかかる」ということです。

私にとっては育児も、片付けのお仕事も、自分の成長でもあると思います。

子育ても片付けの仕事も、最初はやったことのない未知の世界だったので、不安だったし、上手く気持ちの整理ができなかったり、壁にぶち当たることも多く、解決出来ても、また次の問題がやってくる。
または、欲が出て自分が次のステップに進みたくなる。

何が正解かは、わからないので常に手探り状態。
ながーく低迷期が続くと苦しい。
それほど一生懸命だから充実感もあるし楽しいのですが…
年数を掛けて、経験を積んで、先輩にアドバイスをもらい、自分なりのやり方を見つける。
子育ても仕事も焦らなくても、1人で頑張らなくっても、大丈夫だなって思うようになりました。

 

今、私が子育てで意識していること

我が家の息子たちは、大きくなり、私の手がなくても自分で出来ることが増えてきました。
長男は、中学生になるので、一緒に暮らせる残りの時間を意識するほどです。

子供のと関わり方が変化している今、私が意識していることは「一緒に○○しよ!」と誘われたら、忙しくっても出来るだけ断らないようにすることです。

最近多いのは、次男お手製「スゴロクをしよう!」です。
すごろく作り
幼稚園の先生がスゴロクを作っていたのを見て、次男も作りたくなったのか凄い勢いで書き上げ、100マスまであるスゴロク完成させました!

ものすごく凸凹してるけど、色を塗ったり、「おどる」「うたう」「かわいいポーズをする」「すきなひとをいう」なんて可愛い部分もあれば、96マス目に止まっちゃうと、スタートに戻ることになる恐ろしいスゴロクです。
2マス目に「ままにぎゅウトスル」と書いていて、キュン♡

これがね、結構時間かかるけど、盛り上がる!
6年生の長男も一緒にスゴロクし、2マス目「ままにぎゅウトスル」を2回連続で出した時に、「やったー!」ってぎゅーってしてくれました。
きつい言葉で反抗期かな?と思う時もあれば、こんな可愛いことを言ってくれる時もあります。

相変わらずトランプ・UNOも大好きですねー。
神経衰弱とか、普通に負けちゃうのですが、いい頭のトレーニングになっています。

仕事から帰り、夕食準備して、お風呂に入って、洗濯して、ゴミ出しして、食器洗いして、お便りに目を通して、メールの返信して、明日の準備も…(;゚ロ゚)
つい後のことばっかり考えてしまうのですが、子供達が、私と「遊びたい」「一緒にお風呂に入りたい」「一緒に寝たい」と言ってくれるのは、今だけ。
「子供達と私の今」、楽しまないとですね!

できるだけ一緒に遊び、どうしても無理なときは、説明して待ってもらったり、代替え案を出して、とにかく息子のその気持ちだけでも受け取るように、意識しています。

でも、スゴロクやってる途中に、私が寝ちゃったりも…(^_^;)

 

【育児を楽にするお片付けアドバイザー】ライフオーガナイザーⓇ 甲斐祐子
お片づけ 甲斐祐子元お片付け苦手育児ノイローゼだった男児二人の母。
福岡県・佐賀県を中心に、個人宅のお片付け作業・お片付け講座開催。
ズボラで片付けが苦手だった私でもできる収納をご提案し、お客様宅のお片付けも、気楽に楽しく暮らせることを大切にします。詳しいプロフィールはこちら
片付けサポート実績
片付けサポート料金
お問い合わせ