結婚以来、ずーっと変わらないわが家のまな板はの数は、大・小1枚ずつの2枚です。
今、使っているのは、父が作ってくれた檜のまな板とエピキュリアン カッティングボード。
父の手作りまな板 エピキュリアン カッティングボード
劣化により買い直したり、父にメンテナンス(削る)してもらったり、引っ越し時に、キッチンの調理スペースの幅に合わせ作ってもらったり、入れ替えはありますが、基本2枚は変わりません。

 

檜のまな板 
檜のまな板は、縦23.5cm×横43.5cm×厚さ2.8cm 約1.6kgと重さはありますが、安定感も切りやすさも抜群!

エピキュリアン カッティングボードは、Mサイズ(縦22.7×横29cm×0.6cm )
約500gと軽く、食器洗い洗浄機も対応で、気軽に使えます。

 

この2枚、お肉・お魚・お野菜用など使い分けはしていませんが、ちょっとフルーツを切るとか、少量の野菜を切るくらいなら、カッティングボード。
エピキュリアン カッティングボード ブラック
白菜やキャベツなど大きな野菜を切る時、豚汁など具材をたくさん切る時、お魚をさばく時は、檜のまな板が活躍しています。

夕食を作る時は、カッティングボードでお肉を切り、檜のまな板でお野菜を切ったり、2枚同時に使うこともあります。

まな板2枚を横に並べて、夫や息子と並んで料理することも。
とにかく2枚とも、毎日フル活用です!

ですのでで、面倒くさがり屋の私のまな板収納は、ただ立てかけるだけ^-^

キッチン まな板置き 立てるだけ
普段のお手入れは、洗剤で洗うだけですが、洗った直後にそのまま置くと、水分が溜まり、まな板に黒ずみやカビがつくのが気になります。

置いた後、水分を取ったり、角度を変えて置いたり、全体を乾燥させることだけ気をつけています。

キッチンだけでなく、他の場所もそうですが、私は、面倒くさがり&ずぼらーなので、収納用品を駆使したり、細やかなケアは向いていない。よりシンプルに、収納用品も少なく…がです。

この記事を書いてて気づいた私のまな板選びの条件(笑)は、実用的であることに加え、
・自立することと
・出しっぱなしで見えてても、嫌じゃないデザイン。

使い勝手と気軽さ、2枚とも、とても気に入っています♪

 

ライフオーガナイズのお片付けを始めて5年。
1つ1つの選択が積み重なり、家の中に好きな物・愛着のある物が増えてきています。

買うときは、「高いな~(゚_゚i)」と思ったカッティングボードも長く活躍してくれて、日々の暮らしを豊かにしてくれています♪

 

【家事・育児を楽にするお片付けアドバイザー】ライフオーガナイザーⓇ 甲斐祐子
お片づけ 甲斐祐子元お片付け苦手育児ノイローゼだった男児二人の母。
福岡県・佐賀県を中心に、個人宅のお片付け作業・お片付け講座開催。
片付けられない女だった私でもできる片付け・収納をご提案し、おうちも気持ちも気楽に楽しく暮らせるお手伝いをいたします。詳しいプロフィールはこちら
お片付けサポート
お問い合わせ