子供の工作や絵などの作品、どうしていますか?

「増えて困っている。」
「捨てられない。」
「捨てた方がいいですか?」

お片付け作業や講座でもよく質問されるのですが…

子供の工作、絵などの作品の保管期限は?

答えは、
「私にはわかりません。」です。
また、「捨てた方がいい」とは、言えません。
言いません。

 

だって…
その方にとってその思い出がどのくらい大切なのか、私にはわからないからです。

 

↓写真の整理も同じですね。

 

また、どのくらい空間に余裕があるのか?

整理する時間、思い出を楽しむ時間があるのか?

今の住居やライフスタイルもトータルで見て、どのくらいの思い出を保管するか決めると、もやもやも少ないです。

 

私も、もともとはお片付け苦手なライフオーガナイザーⓇ。
今も、捨てるのは苦手です。

幼稚園 工作 思い出
幼稚園児と小学生がいるので、何もしなければ、少しずつ作品や思い出は増えていきます。

 

子供の工作、絵、我が家の分け方

今、わが家は、工作や絵を持ち帰ると、①か②か③に分けます。

①飾る

気に入った物は飾り→満足したら子供と一緒に写真に撮って、手放すこともあります。

②手放す

手作り感の少ないものなど、私も本人も「いいかな。いらないかな…」ってものは、手放す。

③とりあえず、溜める

捨てられない・気になるものは、ひとまず同じ場所に溜めて、1年に1度くらい整理しています。

思い出の整理
全部見て、残す基準は、思い出の総量。
セリアのプレンティボックスに入るだけ。

 

日々、時間を重ね、それとともに大切な思い出も増える。

定期的に、どの思い出がより大切か?
自分や家族に問いかけて、残すものを決めています。
思い出も大事だけど、今もこれからの日々も大事だから、
・管理に時間を使いたくない。
・たくさんの思い出にスペースを使いたくない。
といった理由で厳選しています^-^
2年前にも書いていますね^-^

工作や絵などの作品以外の他の思い出も一緒に管理しています。
大切な思い出
作品以外にも初めて履いた靴。
思い出のある赤ちゃん服。
ぼろぼろだけど、これを見るとかわいい「ばぁ!」の声を思い出す絵本。
私の大切な思い出もここ。

「見ると、幸せな気持ちになる♡」
これは、私の中で1つ選ぶ基準です。

片付けにお困りの方へ

すでに思い出がたくさんあり、混在してしまっている方。
まずは、種類別や、人別、年度別など、自分がピンとくる分け方で、分けてみましょう!

 

お片付けは、実際、手も動かさないと進みません。片づきません。

お片付け進め、分けたり、迷ったりを繰り返しているうちに、自分が「どうしたいのか?」基準も見えてきます。

 

1人で悩んでいる方、1人じゃやらない方、やったけど途中でつまずき進まない方、私と一緒に片付けましょう!

「あなたがどうしたいのか?」
一緒にその基準を探し、お手伝いいたします!
ご連絡、お待ちしております^-^

 

【育児を楽にするお片付けアドバイザー】ライフオーガナイザーⓇ 甲斐祐子
お片づけ 甲斐祐子元お片付け苦手育児ノイローゼだった男児二人の母。
福岡県・佐賀県を中心に、個人宅のお片付け作業・お片付け講座開催。
ズボラで片付けが苦手だった私でもできる収納をご提案し、お客様宅のお片付けも、気楽に楽しく暮らせることを大切にします。詳しいプロフィールはこちら
お片付けサポート実績
お問い合わせ