「人生はモノではできていない
別の何かが必要」

映画「365日のシンプルライフ」
主人公のおばあちゃんの言葉です。

 

自分の部屋にある物を全て倉庫に預け、
1日1個だけ持ってくるドキュメンタリー映画。

モノと向き合っうための
このチャレンジのルールは4つ。
1.持ちモノ全てを倉庫に預ける
2.1日に1個だけ持ってくる
3.1年間、続ける
4.1年間、何も買わない(食品以外)

このルール、何が起こるのか、
ワクワクしながら見ました!
自分もやってみたい衝動にかられます。
 

1年後、実験を終えた主人公の言葉

「生活に必要なものは100個
その次の100個は生活を楽しむためのもの」

「所有とは責任であり
モノは重荷になる」

 

私はミニマリストではありませんが、
片付けを仕事にする者の実感として、
物が少ないって楽だな。とは思います。
どっちがいい、悪いの話ではなく。

この実験のすごいところは、
物を捨てていくのではなく、
物を選び取っていくということ。

モノと向き合う時に、
今持っている物から減らすよりも、
大事な物を選ぶ。

いらない物を選ぶのではなく、
自分の人生に必要な物を選ぶ。

モノについて考えるだけではなく、
無性に片付けたくなる映画でした!
お片づけのやる気を出したい方もぜひ^-^

 

フェイスブックツイッター
インスタグラムやっています!
フォローありがとうございます♪

応援クリック、おねがいしまーす(〃∇〃)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ

にほんブログ村

 

お片づけ講座・イベント 

【長崎市】12/7(水)11:15~
「おうちの紙類・書類のお片づけ講座」
【佐賀市】12/14(水)10:00~
「また、お洋服選びが楽しくなる
クローゼットのお片づけ」

お問合せ・お申込みはこちら