夏休み明けて、「よっしゃーやるぞーーー!」の気合いとはウラハラに、なんだかもやもやする。

 

なんだろ?
なんだろ??
なんなのだろう???

 

と思って、昨日は1日掘り下げていました。
子供たちの夏休み中、体力的にくったくたで思考の整理をする時間があまり持てなかったので、思う存分、書きだしたり、本を読みなおしたり、妹と話したり。

いろんなアプローチで、頭の中をまとめます^-^

 

1つは、福岡でのお仕事のこと。
次男の幼稚園お預かりなど、働く時間ひとつにとっても、やっぱり今まで通りとはいかない所はたくさんあります。

でもね、こちらは、やっぱり、どう考えても、仕事やりたいから、自分が今やれる方法を探します。

 

もう一つは、子育ての事。
夏休み中の夜、zoomでスマラボLearning Space「グロースマインドセットウェビナー」に参加し、学び・気づきが多く、まとめているうちに実際に行動したいこと。も、思い浮かんだので書きますね!

 

・仕事の目標を作るのと同じように、長期スパンの子育ての目標を作り、手帳などに書き込み、定期的に見直す。
(子供にこうなってほしいということではなく、私はこんな風な接し方をしたい。という目標。)

・「いくつであっても、頑張ると成長する」
「能力は努力次第で伸びる」ことをどんどん伝え、自分の心にもしみこませる。

・先輩ママさんの体験談を積極的に聞き、イライラしないように免疫をつける。(笑)

・ファミリーアルバムを完成させ、子供と見る。
(楽しかった思い出を振り返るとともに、成長を目で見て確認。
私は、元気に大きくなったことに感謝する気持ちを再確認。
子供には何かあっても、自分の帰る場所はここにもあると確信してほしい。)

・口出ししてしまいそうな勉強は、プロにお任せして、私はあれこれ言わない。

・以前より成長した所を発見したら、「できるようになったね。」と気づいていない本人も認識できるように、伝える。

・子供を頼る→感謝も口にする。

・本人の選択、提案を否定しない。

・子供のゴールを勝手に設定しない。

・プロセスに注目する。
(努力、やり方、集中力、忍耐力、進歩)

・口癖は、「いいね!」「とりあえず、やってみたら?」「大丈夫やろ!」「頑張ってるねー」と、私も言われてうれしい背中を押せるような言葉かけをしたい。

・挑戦したことに対しては、「すごいね!」「勇気出したね!」と、やっぱりちょっと褒めたい。

・怒鳴らない。責めない。笑う!

 

講座を受けて、私が子育てで自分のやりたいことを思うままに書き出してみたので、意味不明な部分もあると思うんだけど、もし気になる方がいたら、直接、聞いてくださいませ(笑)

 

バイザー】ライフオーガナイザーⓇ 甲斐祐子
お片づけ 甲斐祐子元お片付け苦手育児ノイローゼだった男児二人の母。
福岡県・佐賀県を中心に、個人宅のお片付け作業・お片付け講座開催。
ズボラで片付けが苦手だった私でもできるシンプル簡単な収納をご提案し、お客様宅のお片付けをお手伝いさせていただいております。詳しいプロフィール
お片付けサポート
お問い合わせ