ちょうど、1年前のチャリティイベント。
初の登壇は、私にとって、大きなきっかけだった。

人前で話すなんて、無理無理。苦手。
パソコンにパワーポイントも入っていない私に、
チャリティ登壇のお話しが舞い込んだ。
リレー登壇者の1人として4分間。

スライド作成のソフトがなく、
今後も講座をする予定はなかったので、
購入せず、調べて、
ウェブ上のオフィスで作成。

初めて作ったスライドは
色もフォントもデザインも、
見づらいのができたけど、
先輩達が、見やすいスライドを教えてくれた。

話すことも、全文何度も書き直し、
1人家で怪しく練習( ´艸`)

でも、緊張の強い私は不安だった。
ある方が、「皆、味方だから、大丈夫!」
と言ってくれて、「そうかっ!」と腑に落ち、
楽になった。

最初はまったく考えられなかったし、
どうすればいいのか、
わからなかったことも
やったから、わかった。
できた。教えてもらえた。

何度か講座を繰り返していく中で、
『人前』とか『講師』に
フォーカスするのをやめた。

『伝える』ということの1つの手段であって、
『伝えたいこと』をブログに書き、
文書で発信するも、
直接会って伝えるのも、
1対1でご相談を受けるのも、
一緒にお片づけの作業をするのも、

『片づくと、楽になるよ。楽しくなるよ。』

を伝えるための手段。
そう思うと、
また気が楽になった。

そしたら、
『いかにわかりやすく、伝えるか。』
を考えるようになった。

今も、講師としてお話しするのは、
正直、『やりたい!』と
強く思ったことはまだない。(笑)
私の中では、挑戦という感じ。

私が直接やってみたいこととは違ってても、
確実に身になってる。
あまり考え過ぎず、やってみる!

最初は勇気がいるかもしれないけど、
これも、1つの習慣だと思う。
何かしてみよう!と頭に浮かんだら、してみる。
できなくても、希望を口にだしてみる。

なにがどうだからできない。
なんて理由を探すより、
どうやったらできるだろう。を考える。

意外と、どうにかなる。
協力してくれる人がいたり、
楽しい仲間に出逢えたり。

やってみての後悔はない。
例え「あ、これじゃなかった。」と思っても、
「失敗だったなー」と思っても、
それも1つの経験ってだけで、
自然に体験として身に入ってて、
また次に、活きてくる。

そうやって、自分の行動を選びだしてから、
漠然とした不安や恐れも少なくなった。
自分でやってみることが楽しい!!

今日はライフオーガナイザーチャリティイベント。
45分間の登壇、すごく緊張すると思いますが、
楽しんできます♪

「私の未来 ここから」