IKEAのトロファスト、おもちゃコーナーを本棚に変更しました。

IKEAのTROFAST(トロファスト)おもちゃコーナー

おもちゃを収納しているトロファスト、すでにはみ出て、溢れかえっているます。
IKEA トロファスト おもちゃ 片付け

私はライフオーガナイザーⓇですが、小学生と幼稚園児がいる我が家の普段はこんなもんです。(笑)

私は元々お片づけ苦手だったこともあり、どこに何があるかわかっていて、探し物がなければ、雑誌に出てくるような綺麗な状態をいつもキープすることにはこだわりません('ー') フフ

 

でもね、モヤモヤしていました。
トロファストの収納量より、持っているおもちゃや本の量が多くなってしまい容量オーバー。
片づけにくいおもちゃコーナーだから、子ども達が元に戻せないからです。

 

しかも、このおもちゃたち「よく遊んでいるか?」と聞かれると、そうでもないんです。

お友達が来てくれた時と、時々、気が向いた時だけ遊んでる位。

二人とも日中は幼稚園・学校に行ってるし、帰ってからも外遊びが好きなので、家にいる時間は短い。
成長とともに、遊びの内容も変わってきています。

わが家では定期的に子供と一緒におもちゃの見直しもしていて、毎回子供たちに判断させていますが、今ある物は「ほぼ全部いる。」とのこと。

無理に捨てなくてもいいけれど、分けて、収納場所・方法をかえると、格段に片づけやすいです。

 

IKEAのTROFAST(トロファスト)本棚に!

今回は、おもちゃと本を分け、IKEA トロファスト(TROFAST)用の棚板を2枚入れ、絵本・図鑑・漫画だけを収納する本専用コーナーを作りました。

リビング 本棚 子供の読書習慣
トロファストを購入した時から、最終的には本棚にしたいと考えていましたが、想像より早く、その時はきました^-^

 

実は、この階段型のトロファスト、おもちゃコーナーとして使ってた時は、奥行きが深く、変形だし、アレンジできず、使いづらい部分がありました。
「シンプルな縦置き・横置きのフレームの方がよかったかも…」と何度も思いました。

ですが、本棚にしてみると良い感じ!

奥行きが深いからこそ、前後に本を収納でき、大容量。
おもちゃ箱として利用していた時は、収納ボックスがすぐレールから外れてしまうので、耐久性も心配していましたが、トロファスト(TROFAST)用の棚板はしっかりしていて大丈夫でした。

図鑑など大きな本を並べても、前後に本を入れてもたわむこともないし、レールが外れることは1度もありません。

また、新しくできた絵本コーナーは、キッチン・ダイニングの間に作りましたが、階段型になっているから、圧迫感がないのだと思います。

よく使うおもちゃ1箱だけ、収納ボックスに入れて本棚に。

1つ残した収納ボックスには、最近よく遊ぶカード類やおりがみが入っています。
おりがみ 花札 カルタ 収納
一時は手放したいと思っていたIKEAのトロファストですが、「おもちゃ収納」より「本棚」としての方が使い勝手が良く、気に入っています♪

ちなみに、ボックスのおもちゃは、これまで通り和室に置く予定。
体力とやる気、タイムオーバーの為、押し入れに放り込みました( ̄ー ̄)ニヤ

子供の成長に合わせて、同じ棚でも用途を替える!
私の感覚では小学校入学前までは2年ごと位に、収納する内容を変えるとちょうどいいと思います。
入学後は少しゆっくりペースですが、興味や遊びも変わってきます。
洋服のサイズをチェックするような感じで、「今のお子さん」に合わせて、おもちゃコーナーも片付けてみてくださいねー♡

 

【育児を楽にするお片付けアドバイザー】ライフオーガナイザーⓇ 甲斐祐子
お片づけ 甲斐祐子元お片付け苦手育児ノイローゼだった男児二人の母。
福岡県・佐賀県を中心に、個人宅のお片付け作業・お片付け講座開催。
ズボラで片付けが苦手だった私でもできる収納をご提案し、お客様宅のお片付けも、気楽に楽しく暮らせることを大切にします。詳しいプロフィールはこちら
お片付けサポート実績
お問い合わせ