「ママ友達」
この言葉を聞いて、
「面倒そう」
「噂話・愚痴ばかり」
「子どもの比較」
と思い浮かぶ方は、
ママ友達に恵まれていないと思う。

もしくは、協力者・理解者が
最初から近くにいて、
子育て環境に恵まれている。

私は、ママ友達=
(子どもを通して知り合った友達)
に恵まれていています。

5年前、転勤で佐賀に来た時は、
親戚・友達はもちろん、
知り合いは1人もいない状態。
主人も忙しく、平日に
家族揃っての夕食は難しく
土日いないことも多々ある。
子どもの運動会、お遊戯会も、
父親不在ということもある。

時間を持て余しても、
いつもお出かけやイベントは疲れる。
3人でいるのがしんどいな~と思っても、
地元・実家は遠く、行くあてなく、
母子3人で過ごす。

今は、長男も大きくなり楽になったし、
私も慣れてきたので、
それなりに楽しく過ごせる。

でも、結婚する時、
福岡に移り住んだ時は、
それがどんなに大変で、
苦しいか知らなかった。

風邪引いて、熱で倒れてても、
誰も助けてくれない。
それどころか、小さかった長男は
寝ている私にのっかかってきたり、
抱っこしない私に泣きわめいたり。
こんな経験、したことなかった。
1人だなぁ。寂しいなぁ。と感じた。

私が特別なのではなく、
今の時代よくあることだと思う。

佐賀に引っ越してから、
頼れる仲間、ママ友達に出逢えた。

私のママ友達は、温かい。
1人1人悩みはあり、
相談し合うことはあるものの、
同じ時間を長く過ごしたこともあり、
私と息子をしっかり見てくれる。
誰かと比較するのではなく、
以前よりどうだった。
こういう考えもある。
と、親身になってくれる。

具合が悪い時、
子どもを預かってくれたり、
食事を作ってきてくれたり。
もう今、思い出しただけでも、
ありがた過ぎて、泣きそう。

こんな環境だったから
里帰りせずに次男を出産。

いざという時に、
長男を預かってくれるママ友達。
「お願いします。」と
信頼し、甘えれる関係。

実際、産前産後、
すごくお世話になった。

ママ友達って、いいものですよ。

今、1人で子育て大変、辛いママ。
まずは外にでてみませんか?
ちょっと頑張って、
近所の公園に行ってみて!
子育てサロンにも行ってみよう。

1度行って何も起こらなくても、
めげずに何度か、いろんな場所に。
同じように頑張ってる人、
結構いるんですよー!

そんな人たちと、
助け合える関係ができたら、
孤独な子育てが、楽しくなるっ!
イライラ・愚痴も笑い話になる^-^

育児ノイローゼになり、
心閉ざしてた私でも、
こんな楽しい育児ができた。

孤独な子育てしてて、
落ち着ける居場所がないな~
と思っているママさん
居場所、自分で作ることもできるんですよっ!

佐賀 森林公園 遊具

「今日、暇な人~?公園いかなーい?」
って声かけれる友がいることに感謝。