4歳の次男、
自ら幼稚園準備をしない。
できないこともあるし、
できるけど甘えたり、
やりたくない時もある。

そんな時に、むきになって
「やりなさーーーーいっ!」
ってやらせるのは、非常に疲れる。

言っても
やらないしね~。

 

最近の私の作戦は、
「この人、駄目だ。」
と思われる作戦( ̄▽+ ̄*)

 

例えば、靴下履いてない時。
靴下片方だけ手伝って、
「今日はかたっぽでいいんじゃない?」
と明るく言う。
幼稚園に片方だけ靴下を
履いていくのは嫌みたいで、
次男しぶしぶ履く(笑)

 

幼稚園の持ち物を準備してない時、
次男が気に入ってないタオルを手に取り
「お母さんが準備するねー。
このタオル入れるねー。」
と見せる。

そのタオルが嫌な次男は、
「それじゃない~」
と近寄ってくるので
「じゃ、どれ入れるの?」
とそこから任せる(笑)

 

ついつい口出しちゃうので、
我慢して、とぼけたふりする母。
3.4歳の面倒なこだわりを利用して、
「この人じゃ駄目だ。自分でしよう。」
と思わせる作戦。
いたずらしてる気分で、楽しい(^ε^)

 

ところが、今朝、
とぼけたふりじゃなくて
普通にプールバックを忘れた。

バスが来るのを待つ時間に、
次男が
「プールバックがない!」
って気づき、
「あっ、じゃあ急いで取ってくるね。」
と言うと、
「お預かりのバックもね~!」
と返された( ̄□ ̄;)!!

確かに、お預かり用のバックも忘れてる。

 

うん?
「この人駄目だ。」作戦。は、
私がわざわざ作戦立てなくても、
普通に成功かもしれない。

 

この作戦が正解なんて思わないけど
自分も子どももイライラで消耗しない為に、
真っ向勝負しない子育て。

 

子どもだし、
やらない時があるのは大前提で、
自分から進んでやったり、
やろうとしてる時は、
「お兄ちゃんだね~!頑張ってるね~!」
って、褒める。のは意識してます。

 

大人でも、「やれ~」って言われてやるより、
自分がやったことに対して、
褒められるのは純粋に嬉しいしね。

 

応援クリック、嬉しいです♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村